増加

素人が外から見ただけでは折ったかどうか判別できない場合は、ケガをしてしまったポイントの骨を少しだけ突いてみて、もしその部位に強い痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
体脂肪量に変動が見られず、体重が食物・飲料の摂取や排尿などにより短時間で増減するような場合、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上がるのです。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、UV-A波の極端な浴び過ぎが皮ふ病を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行動の禁止を各国に提案しています。
BMI(体重指数を計算する式はどこの国でも共通ですが、値の評価は国ごとにそれぞれ少しずつ異なり、(社)日本肥満学会ではBMI値22を標準、25以上の場合は肥満、BMI18.5未満は低体重と定義しているのです。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在してクッションと同様の役割をする椎間板(ついかんばん)という柔らかい線維軟骨がはみ出てしまった症状のことを称します。
歳を重ねることに縁る難聴においては少しずつ聴力が落ちますが、大体は60歳過ぎまでは耳の衰えをしっかりとは自覚できないものです。
めまいは起こらないのに、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返すケースの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」という病名で呼ぶ場合があるそうです。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山のスギやヒノキ、ヨモギなどの草木の花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを示す病気だと広く知られています。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が持つ解毒酵素の円滑な創造活動を促進しているのではないかという真実が判明してきたのです。
高血圧(hypertension)が長い間継続すると、血管に重いダメージがかかった結果、体中至る所のありとあらゆる場所の血管にトラブルが起こって、合併症を招く割合が高くなるのです。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横になっていても燃える熱量のことですが、5割以上を骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3つが使うと言われているようです。
2005(平成17)年2月以後新たにトクホ(特保)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との一文のプリントが食品メーカーの義務となった。
通常の場合骨折は起こさない程度のごく小さな力でも、骨の一定の部分だけに複数回にわたって途切れることなくかかってしまうことにより、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けましょう。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹・発赤で、皮脂の分泌異常の原因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、ビタミンB群の慢性的な欠乏などが関わっています。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊するなど、肌に悪い影響を与えることになります。