血液検査

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常によって生じる湿疹で、皮脂分泌が乱れる因子としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏などが大きいと言われています。
「肝機能の衰退」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3つの値で確認することができますが、ここ2、3年肝機能が衰退している方々が明らかに増加しているということが判明しています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて煙草・お酒を毎晩飲む事・肥満症等の生活習慣の変化、ストレス等によって、今日本人に多いという疾患だということができます。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに平成24年9月から原則無料で受けることのできる定期接種集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に受ける個別接種の形
脳卒中のくも膜下出血(SAH)はほとんどが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできた不要な瘤(コブ)が破れることが要因となって起こってしまう命にかかわる深刻な病気なのです。
毎日のように肘をついて横向きになったままTVを視聴していたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履いたりといった癖や習慣は身体の均衡を悪くしてしまう誘因になります。
ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を抑制する、1日3食のうち1食を飛ばす、こんな食生活が栄養までもを不足させ、酷い冷え性を招いていることは、多くの医療従事者が問題視されていることなのです。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを含んでいる血液や精液、母乳や腟分泌液等の様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに接触した場合、HIV感染のリスクが大きくなります。
我が国における結核対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」に準じておこなわれてきましたが、56年後の平成19年から多くの感染症と同じく「感染症法」に沿って行われることに決まったのです。
もし血液検査で残念ながら卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値を下回り早期閉経(premature menopause)だと分かったら、足りない女性ホルモンを補う治療で改善できます。
グラスファイバー製のギプスは、非常に強靭で重くないのに耐久性に優れており、雨などで濡れても壊れずに使用できるという利点があるため、今の日本のギプスの定番と言われています。
急性中耳炎は、最も代表的な中耳炎で小さな子どもに発症しやすい病気です。激しい耳の痛みや38度以上の発熱、鼓膜のひどい腫れや炎症、耳漏(じろう)などが現れます。
体脂肪量に変化が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿などによって一時的に増減する時は、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が高くなることがわかっています。
男性の生殖器である前立腺は生育や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが非常に大きく関係していて、前立腺に現れた癌も同様に、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きによって大きく成長します。
エイズというのはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症であり、免疫不全となり健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やガン等を併発してしまう病状のことを指しています。