ギプス

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常であれば人間の体をガンから護る役割をする物質を生産するための型である遺伝子の異常で発生してしまうとのことです
肝臓をいつまでも健やかに保持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が下がらないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対策に地道に取り組むことが必要なのです。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術」の2種の施術がしきりに活用されています。
グラスファイバーで作製されるギプスは、ダメージに強くて軽量なのにとても持ちが良く、シャワーなどで濡れても破損しないという長所があり、現在採用されているギプスの中でも主流と言われています。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて喫煙する事・アルコールの常飲・隠れ肥満などのライフスタイルの悪化、ストレス等によって、ことさら日本人に多く発生している疾患だということができます。
骨を折ったことにより大量出血した時は、血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる失神などの色々な脳貧血症状が出ることもよくあります。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えることが明らかになっています。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧が長引くと、体中の血管に重い負担となり、頭のてっぺんから足の爪先まで様々な場所の血管に障害が起こって、合併症を併発する確率が大きくなるのです。
学校のような大勢での団体生活をするに当たって、花粉症の症状が主因で他の友達と等しく思いっ切り行動できないのは、患者にとっても辛い事でしょう。
鍼灸針を体に刺す、という物体的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスという名前の電気信号の伝達を誘発するのではないかという考え方が浸透しています。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重だけが食事や排尿等により短時間で増減するような場合、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少したら体脂肪率が高くなることがわかっています。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずに動かなくても燃えるエネルギー量のことであり、大方を骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で占めると考えられているようです。
めまいが現れず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴を数回発症するケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で診断する場合もあるとのことです。
子どもの耳管の構造は、大人のそれに比べると太目で短めの形状で、かつ水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっているのです。小さな子どもが急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関係しています。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことにより、結果的に膵臓からは微々たる量のインスリンしか分泌されなくなってしまって発病してしまうというタイプの糖尿病なのです。