女の人

ヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間にあってクッションと同様の役目を持っている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい線維軟骨が突出した様子のことを称します。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果では、体の大きな成人よりも体の小さな子供のほうが拡散した放射能の有害な影響を一段と受けやすいことが分かります。
30才から39才までの間に更年期が来たとすれば、医学的に表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という女性疾患を指します(日本においては40歳以下の比較的若い女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言っています)。
消化器科の領域である急性腸炎は、大体において腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌性の場合は酷い腹痛・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高い発熱が違いだといえます。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番代表的な中耳炎で比較的子どもによくみられます。強い耳痛や38度以上の熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの耳の症状が出ます。
ちょっとした捻挫と自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を施した後少しでも早く整形外科の医師に診てもらうことが、根治への近道に繋がるのです。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無くなってしまった後に市場に出回って、等しい成分で負荷を低くできる(クスリの金額が高価ではない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする効果のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に大変有効です。ゆううつな二日酔いの根源物質である酢酸アルデヒドという化学物質のクラッキングにも作用しています。
針を皮膚に刺す、というフィジカルな複数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われるいわば電気信号伝達を起こすのではないかと言われているのです。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても発生することがあるためさほど珍しい疾病ではないと考えられていますが、短時間で発作が継続して起こる時は危ないといえます。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファンという物質が、肝臓が持っている解毒酵素のスムーズな生産を支えているのではないかという事実がわかってきたのです。
汗疱(汗疱状湿疹)は主に手のひらや足裏、または指の隙間などにプツプツとした細かな水疱ができる皮膚病で、普通はあせもと呼ばれており、足の裏に出ると水虫と早とちりされる場合もままあります。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの鎮圧、覚醒現象などを司っていて、単極性気分障害(大うつ病)の患者さんでは動きが弱いことが明らかになっているのだ。
暗い所だと光量不足によって見辛くなりますが、より瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに多くの力が使われてしまい、結果的に日の差す所でものを眺めるより疲労が大きいのです。
陰金田虫は20〜30代の男の人多く確認されており、大抵は股間部にのみ拡大し、身体を動かしたり、風呂に入った後など体が熱くなると強烈な痒みを引き起こします。