インフルエンザ

春と秋に患者が増える花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉に誘発され、クシャミ・頭重感・微熱・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として日本人に定着しています。
体脂肪の量は変動がなく、体重が食物摂取や排尿等により一時的に増減するようなケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が上がることがわかっています。
高熱が特徴のインフルエンザに対応している予防対策や医師による治療等、このような必須とされる措置というものは、それが季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザでも一緒なのです。
くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因である花粉の放出される量に比例しているかのように悪くなってしまうという性質があるようです。
インキンタムシというのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という名称で、かびの一種である白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの場所にうつってしまい、棲みつく感染症のことで俗に言う水虫です。
脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常により起こる発疹で、皮脂の分泌異常の因子として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏などが関わっています。
一般的には骨折しない位のごく小さな圧力でも、骨の一定の個所に何度も繰り返していつまでもかかってしまうことによって、骨折が生じることがあるので油断できません。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通る際に一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、肌に悪影響をもたらすと言われています。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のV.C.(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは違っており、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を持っているのです。
内臓脂肪症候群とは言われなくても、内臓の脂肪が多く溜まりやすい種類のよくない体重過多を持ってしまうことによって、複数の生活習慣病を招きやすくなります。
汗疱とは掌や足裏、指の隙間などに細かな水疱がみられる病状で、通称汗疹(あせも)と呼び、足裏に出ると足水虫と間違うことがよくあるようです。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料で接種できる定期接種となるため、集団接種ではなく小児科などでスケジュール管理の必要な個別接種の扱いになりました。
トコトリエノールの作用は抗酸化機能が殊更認知されてはいますが、他に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが知られています。
現在の病院の手術室には、ラバトリーや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備え付け、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設置しておくか、そうでなければ近辺にレントゲン撮影用の専門室を作るのが通例である。
我が国における結核対策は、昭和26年にできた「結核予防法」にならう形で推進されてきましたが、半世紀が経過した2007年から他の数ある感染症と一まとめにして「感染症予防法」に基づいて遂行されることが決定しました。