二日酔い

突然発症する急性腸炎は、大方は腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染が原因の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度台の高熱も出るのが相違点だといえます。
お年寄りや病気をお持ちの方などは、殊更肺炎になりやすくて完治までに時間がかかる傾向があるため、予め予防する意識や早めの処置が肝要なのです。
アルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、嫌な二日酔いに大変有効です。不快な二日酔いの素因といわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に関係しています。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛び散っている量に追従したかのように深刻になってしまう特性があるのです。
骨折して酷く出血した場合、急激に血圧が下がって、眩冒やふらつき、冷や汗、悪心、座っていても起こる意識消失などの様々な脳貧血症状が見られることがよくあります。
クモ膜下出血とは90%近くが「脳動脈瘤」と言われる脳の血管にできる不必要な瘤(こぶ)が破裂して出血することが理由となって引き起こされてしまう致死率の高い病気だという知識を多くの人が持っています。
ものを食べるという行為は、次に食べようと思った物をなんとなく口へ入れて数十回噛んで飲み下すだけだが、その後も人体はまことに律儀に活動し食物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許切れの後に市場に出回って、等しい成分で経済的な負荷の小さな(代金が安価な)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
ほぼ100%に近い割合で水虫イコール足、ことさら足の裏に現れる病気だと考えられていますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらないので、体中どこにでもかかってしまう恐れがあります。
肥満の状態というのは当たり前のことながら摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが原因ですが、同じボリュームの食事だったとしても、大慌てで食べ終わる早食いをし続けたならば肥満(obesity)の状態を招きます。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間にあって緩衝材に近い役目を持っている椎間板(ついかんばん)という円形の組織が突き出た状態の事を指しています。
20才代、30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という病気にあてはまります(日本では40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう症状を「早期閉経(premature menopause)」と呼ぶのです)。
肝臓を健やかな状態に維持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が衰退しないようにする、とどのつまり、肝臓を老化させない対策を迅速に開始することが効果的だと言われています。
人間の耳の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分けられますが、中耳の近くにばい菌やウィルスなどが感染することで炎症になったり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼んでいます。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も患者数の多い中耳炎で比較的小さな子供に発症しやすい病気です。猛烈な耳痛や38℃以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(耳垂れ)などが出ます。