「自主独立」

昔は「共産諸国」でわかりやすかったが、最近は「イ スラム」とか「テロリスト」と変化し、
不明確になっている。世界地図から一国を消し去っても

その脅威は微塵も減衰するものではない。結論として米国は世界 中で敵を成敗し続ける必要があるが、自国民はこれ以上戦闘で殺せない。
米国の軍隊の代わりに現地へ行き、血を流して米国の利益を確保する軍隊を米国はどれ ほど渇望している事か。
日本政府はこんな米国に脅された場合、本当に「自主独立」で決定なんて出来るの?その担保は? 中共が日本の尖閣を取りに来る場合、先ずは武装した漁民を送り込むだろう。
しかも中共か台湾かわからなくして。安倍ちゃんも仮定を 例示するなら有り得ない事を言ってないで、こうしたわかりやすい例を示しなさいよ。もし君が本当に「国士」として中共と正面からぶつかり合うだけの胆力が あるのならね。 上で「有り得ない事」と言ったのは「朝鮮有事の対応」である。もし北朝鮮と韓国が交戦状態に入った場合、対馬海峡の制海権、制空権が北朝鮮に 奪われる可能性は皆無である。