ペイオフ

ということは安定的で、なおかつ活き活きとした金融市場システムの誕生を現実のものとするためには、民間の金融機関だけでなく行政(政府)がそれぞれの抱える解決するべき問題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければいけない。

簡単に?!ペイオフというのは、予期せぬ金融機関の経営の破綻が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護することとされた個人や法人等、預金者の預金債権に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。

【用語】バブル経済(世界各国で発生している)とは?⇒時価資産(例えば不動産や株式など)の取引金額がでたらめな投機により実体の経済成長を超過してもさらに高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指す言葉。

紹介されることが多い「銀行の経営なんてものはその銀行に信頼があって軌道にのるか、そこに融資するほど価値がない銀行であると理解されてうまくいかなくなる、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)

預金保険機構(アメリカ合衆国の連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人)が支払う預金保護のための保険金の補償額の限度は”預金者1 人当たり1000万円以内”ということになっています。同機構に対しては日本政府、民間金融機関全体が、加えて民間金融機関全体がだいたい同じ割合で