階層がなくなったことが大きい。

維新はどういう形で実現するか? 明治維新は 世界的にも歴史的にもすごいことだった。
何しろ、極東で200年間も「鎖国」していた

「まことに小さな国」がその後30年ほどで、大国ロシア との戦争で何とか勝利を収めて、アジアで唯一かつ有色民族で唯一、欧米列強と並んだのだから。
遠く、トルコ人やインド人も喝采していたんだから。 この維新、いろいろな意味ですごかったのだが、成功の大きな要因に、それまで支配階級であった 不倫調査 仙台「士族」という階層がなくなったことが大きい。
つま り、それまで「士族」と言う身分で何ら生産性のない人口の約10%=約350万人が 維新以降は 何らかの形で「職業」を持たねばならなくなった点であ る。
つまり 維新というのは 不労所得で寄生階層であった人口の約10%の階層が働きはじめたのである。これがすごいことなのだ。 で 現代ではどうだろうか? 維新の時の「士族」の数 約350万人は なんと偶然?にも 現代の公務員の数と一致する。国家公務員100万人、地方公務員250万人の合計350万人と一致するのだ。