自民党の某

政策と本人の属性は、全くの別問題。

同様のことを、男性議員が言ってもいいはずで。

感情と政策も、全くの別次元のもの。

同一の水準で扱うこと自体、都議会の知性のなさを示している。

しかし、このヤジは・・・中年男が平素の言語感覚もろ出しで、議会という公的な場で発言することが、状態になってきたことを意味しているんじゃないか。

自民党の某がいうような生ぬるい対応は問題外だと思うが(多分、誰の発言か、分かっていっているのだろう)、犯人探しというのもいかがなものかとも思う。時間の無駄だし。

ただ、そうすること以外に都議会の体質を変えられないのなら、議員の特定化もやむなし。

議会は、生産的な議論をする場であって、ヤジり合いをする場ではないはずだ。

この議員が税金で開いている議会中にヤジを飛ばしているということは、ヤジも税金のうちだし、ヤジによる議会の停滞自体が、都税の無駄遣いということになる。

そういう意味では、この議員に、ヤジの分+消費税分を、都として損害賠償させるべきではないか、とさえ思う。